賃貸をキャンセルする場合

下見をしている状態でいい賃貸物件が見つかった時には、預かり金を支払っておいて、他の入居者が入居を決定してしまわない様にしておくのが一般的の様です。

しかし、別の物件を下見していると他にいい物件が見つかるという事も考えられます。その場合には、キャンセルする事を伝えると、預かり金が自分の元に戻ってくるそうです。

何らかの事情で、入居を予定していた賃貸をキャンセルするという事もありがちな事でしょう。

そして、契約する事になれば、支払う費用の一部として利用する事ができるそうです。自分の所に戻ってくるという事が分かれば、費用については気にする事なく物件探しができそうですね。

お気に入り

お気に入りリンクです
○○○○